現代の難病に挑む

メニュー

佐藤清の本

体内酵素革命

体内酵素革命
[単行本]
価格1,365円

21世紀は無病の時代になる

21世紀は無病の時代になる
[単行本]
価格1,050円

飲んで塗って痛みが消えた

飲んで、塗って痛みが消えた
[単行本]
価格1,300円

トップページ > 現代の難病に挑む
現代の難病に挑む

 文明の発達により、現代人は生活が楽になるとともに運動不足となり、体力が衰え、呼吸が鈍くなり、酸素不足 になっています。食べ物も、昔は自然のものをバランスよく食べていましたが、いまは人工的に飼育された家畜や 養殖魚を食べるようになりました。  野菜、果物、穀物も、農薬が使われ、化学肥料で育ったものを食べています。そのうえ、合成着色料、防腐剤、防カビ 剤などが使われているインスタント食品も多く摂取しています。そのような悪い食べ物を摂ったときは、通常よりも多くの酸素が必要です。 
  それにもかかわらず、現代人の多くは、運動不足、体力不足で、呼吸が浅くなり、酸素を十分に吸収していません。肺の中に残った空気のことを「残気」といい、その量を残気量といいますが、呼吸が浅くなると肺の中の残気量が増え、酸素不足になるのです。

合成着色料

嫌気性細菌

 かつて野口英世は「すべての病気は酸素欠乏症である」と喝破しましたが、実際、酸素はすべての病気 のカギなのです。ガンやアルツハイマー病をはじめ、ほとんどの病気は細胞における酸素の欠乏が招く 疾患であるといっていいほどです。

 それに、病原菌のほとんどは「嫌気性細菌」です。嫌気性細菌とは、読んで字のごとく酸素を嫌う細菌です。嫌気性細菌は、 酸素なしでも生きていける一方で、酸素にあたると死んでしまったりするので、酸素を多く摂ることにより、嫌気性細菌をやっつけることができます。ガン細胞は細菌ではありませんが、 これも酸素が欠乏することで活性化する性質を持っています。
  また、ストレス、過労、睡眠不足、お酒の飲み過ぎ、喫煙、運動 不足などが、血中酸素濃度・血中酸素分圧を低下させ、免疫力 を低下させることも、最近明らかになってきました。それと同時 に、血中酸素濃度を上げれば、赤血球のヘモグロビンの活性が 高まることや、肝機能が解毒のために大量の血中酸素を必 要とすることも分かってきました。
 そうしたことから、血中酸素濃度を高めに保つことは、病気を 未然に防ぐうえで、とても大切であるといえます。

赤血球
ガンとの戦い。
我が鍼灸院では、末期のがんから立ち直った方が数多くおられます。
体験談はコチラ>
アルツハイマーとの戦い。
我が鍼灸院では、末期のがんから立ち直った方が数多くおられます。
体験談はコチラ>
糖尿病との戦い。
我が鍼灸院では、末期のがんから立ち直った方が数多くおられます。
体験談はコチラ>
むちうちとの戦い。
我が鍼灸院では、末期のがんから立ち直った方が数多くおられます。
体験談はコチラ>
五十肩・肩こりとの戦い。
我が鍼灸院では、末期のがんから立ち直った方が数多くおられます。
体験談はコチラ>
▲PAGETOP