羅天清治療

メニュー

佐藤清の本

体内酵素革命

体内酵素革命
[単行本]
価格1,365円

21世紀は無病の時代になる

21世紀は無病の時代になる
[単行本]
価格1,050円

飲んで塗って痛みが消えた

飲んで、塗って痛みが消えた
[単行本]
価格1,300円

トップページ > 羅天清治療
羅天清治療

   私が治療師生活を始めてしばらくして、硬結をとって流れを良くする独自の治療法を編み出しました。その治療法で治療すると信じられないくらいに効果がであのです。すると、口コミで「富山に腕のいい鍼師がいる」と評判になりました。あるとき人を介して、当時全日空顧問をしておられた岡崎嘉平太氏の治療をぜひお願いしたいという依頼が舞い込んできました。岡崎先生といえば、田中角栄政権のときの日中友好と国交回復の影の立役者といわれた凄い方です。私でお役に立てばとお伺いし、恐縮しつつ鍼治療をさせていただきました。そんなご縁から、岡崎先生は何かと目をかけてくださるようになりました。ある時、岡崎先生が私を呼んでこう言われました。「中国に鄧小平がムチウチと座骨神経痛を治す名人と呼ぶ治療家がいます。日本のためにこれを学び、素晴らしい技術を伝えてください。」

中国での出会い

 私は、何度か勉強に行っていた中国にまた行くことになりました。そして最初に紹介されたのが世界にその名を馳せる馮天有(フーテンユウ)先生でした。馮先生は、周恩来が首相だった頃始められた、中国医学と西洋医学を統合させる国家プロジェクトの最高責任者を務めた程の名医です。  その方に様々なお話をうかがっているうちに、馮先生の師匠とは、どんな方なのか興味が沸き尋ねたところ、「明日、早速会いに行こう」という話が決まりました。翌日、わくわくしながら羅先生の家の前に着くと戸口の外まで患者さんが溢れかえっていました。中に入ると、そこには小柄なお婆さんがすごいスピードで患者を次から次へと治療をしている姿でした。
  この人こそ馮先生の師匠である羅有名(ラーユーメイ)女師でこの時女師はすでに九十九歳という高齢でした。しかし、女師が八十歳のとき にはなんと一日で五百人治療したというすごい記録をもっておられるというのを聞いて、私はさすがに度胆を抜かれてしまいました。
  そんな素晴らしい先生方に会わせていただくだけでなく施術を教えていただけるわけですから、こんな名誉なことはありません。早速、捻挫や腰痛のトラブルを瞬時に解消する療法などいろいろなことを教えていただき習得し、羅先生からは筋がいいとお褒めの言葉をいただきました。そして私は日本に帰り、お二人から学んだ技術と理論、それに自分が 発見した両方を組み合わせて新しい療法を完成させました。 そして、羅有名の「羅」馮天有の「天」私の名前の「清」をとって羅天清療法と名づけ今までに多くの患者さんを治療してきたのです。

先生との写真

羅天清治療

   「羅天清療法」は、鍼治療をメインに、癒しの水である菩薩元と、特殊な治療器であるゴッドハンドによる治療法です。 菩薩元は、マイナスイオンを大量に含んだ抗酸化水です。地球上に存在するものは、すべて生命場(波動や気、生体エネルギー)の影響を強く受けていて、その情報を水が私たちの心身に伝えているため、水を変えることにより心身を変えるというのが、菩薩元の基本的な考え方です。
  ゴッドハンドは、電気によって磁場を発生させ、生体に流れる過剰なエネルギーを放出し、不足したエネルギーを補うというものです。いずれにしても「鍼師は、将来的には鍼という物質からも離れなければならない」との信念に基づいて開発したものです。詳しいことは、『21世紀は無病の時代になる』(たま出版)をご参照ください。体験談も数多く掲載されています。

▲PAGETOP